【第4回 多文化医療研究会 (京都)】

2018/5/19 に京都で開催する第4回多文化医療研究会の最終版のプログラムを公開しました!

特別講演はアフリカの高齢化問題に詳しい文化人類学者の増田研先生、そして東アジア・東南アジア諸国の高齢化問題を研究しておられる安里和晃先生にお願いしています。

日時:2018年5月19日(土)13:00–18:00
場所:京都大学吉田キャンパス 総合2号館4階大会議室(AA447)※会場までの地図
参加費:500 円(会員又は学生の方は無料)

【特別講演】
●「少子高齢化時代を迎える「未来のアフリカ」のイメージトレーニング」増田研(長崎大学多文化社会学部准教授)
●「東アジアにおける高齢者ケア政策の展開とケア従事者の国際移動」安里和晃(京都大学文学研究科准教授)

【一般演題】
●「Caring Bodies in Mobility: Emerging Care Migration Systems from the Philippines to Japan and New Filipino Migrants Doing the Work of Care」Katrina S. Navallo (ASAFAS, Kyoto University)
●「障害者自身が介助を担うことの重要性――ケニアの脳性麻痺児へのローカルな食事介助実践に学ぶ」善積実希(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
●「Societal Attitudes, Body Image of Women, and Obesity in Urban Ugnda」Seera Georgina (ASAFAS, Kyoto University)
●「The Merits and Challenges of Heterogeneous Municipal Solid Waste Management Practices in Addis Ababa, Ethiopia」Bekele Haregewoin Mekonnen (ASAFAS, Kyoto University)
●「現代日本社会における HIV 感染症の課題について――都立駒込病院における臨床現場の事例から」河内宣之(がん・感染症センター都立駒込病院感染症科)

参加登録こちら

一般演題の応募こちら
臨床医療・国際協力・医療人類学のいずれかに関わる方の一般演題を募集中です。演題応募の締切は 2018 年 4 月 16 日(月) 4 月 30 日(月)です。
募集は終了しました

* 入会手続きこちら。手続きの完了に最大一週間程度かかりますので,お早めに手続きをお願いします。
会員以外で、研究会の案内などの当法人からのご案内 (年数回) を希望する方は、無料メールニュース にご登録ください。
** 学生割引をご希望の方は、当日学生証をお持ちください。

前回の研究会はこちら
次回の研究会はこちら

コメントは受け付けていません。